〈鯛とキノコのグリル焼き〉


ご覧の皆様こんにちは。

今週の簡単レシピのご紹介です♪

\毎週更新♪medicoのblogはこちらから/

https://medical-frontier-staff.com/blog

今日は、グリルに簡単にできる魚料理をご紹介します!
旬のキノコをたっぷり取り入れましょう!

キノコ類全般に豊富なビタミンB1・B2、ナイアシン、パントテン酸などのビタミンB群を多く含みます。
ビタミンB群は、栄養素の代謝を助ける働きをしてくれるので、体や神経の働きを、正常に保ち、疲労回復に役立ちます!
特にナイアシンは、エネルギーの代謝やアルコールの分解もサポートしてくれます。

ぶなしめじには、体内でビタミンDに変わるエルゴステロールも豊富です。ビタミンDはカルシウムの吸収を高める働きがあり、カルシウムを多く含む食品を一緒に摂取することで、骨や歯を丈夫にすることができます。

ほかにも、美容に効果的なチロシナーゼ阻害物質を含んでいます。チロシナーゼ阻害物質は、メラニン色素の生成を妨げる役割があり、美白効果が期待できます。

材料
真鯛…切り身2切れ
エリンギ…2本、ぶなしめじ…1パック
オリーブオイル…大さじ2 塩…少々
こしょう…少々 にんにく…すりおろし1片分

作り方
①真鯛に軽く分量外の塩を振り、5分ほどおき、余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る。
②エリンギを食べやすい大きさにカットし、ぶなしめじは石づきをカットして、食べやすい大きさにほぐす。
③耐熱皿に①の真鯛、②のキノコ類をのせる。オリーブオイル、すりおろしニンニク、塩、こしょうを混ぜ合わせたものを上から回しかける。
④グリルに入れて、中火で10〜15分くらい焼けば、出来上がり!

グリルにお任せなので、とっても簡単で、グリルで焼いている間にもう一品作れちゃいます♫
耐熱皿は、直火可能なものを使用してくださいね。

管理栄養士N