〈かぼちゃで風邪予防!〉

 

ご覧の皆様こんにちは。

今週の簡単レシピのご紹介です♪

\毎週更新♪medicoのblogはこちらから/

https://medical-frontier-staff.com/blog/

 

 

かぼちゃには、β―カロテンやビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

β―カロテン、ビタミンEは、油に溶ける性質を持っているので、油と調理するのがおすすめです。

β-カロテンは、体内でビタミンAに変化して、目や皮膚、粘膜などの健康を保ち、感染症を防ぐほか、老化やがんの予防に有効な抗酸化作用があり、風邪の予防なども期待できます。

ビタミンEは、毛細血管を広げて血行をよくする働きがあります。

また、今回ご紹介のパンプキンスープでは、牛乳を使用しています。牛乳には、トリプトファンやカルシウムが豊富です。

トリプトファンは、睡眠効果のある神経伝達物質セロトニンの材料であり、不眠に効果的であると言われています。また、牛乳に含まれているカルシウムは、ホルモン分泌、神経伝達を正常に保つ働きなどがあり、神経を静める効果が期待できます。

材料

かぼちゃ…200g 玉ねぎ…1/2個 バター…小さじ1.5

🅰️水…100cc 牛乳…400cc コンソメスープの素…小さじ2

塩こしょう…少々

作り方

① かぼちゃは、皮とワタを除いて、小さめに切る。玉ねぎはみじん切りにする。

② 鍋にバターを溶かし、1を炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、🅰️を加え、かぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

③ ミキサーに2を入れてよく混ぜ、鍋にもどしてあたためる。

④ 器に盛り、できあがり!

今回ご紹介のパンプキンスープは、風邪予防、冷え性、血行不良、不眠の方などにおすすめです。夕食だけでなく、朝食の1品にもおすすめですよ♪

株式会社メディカルフロンティア
管理栄養士 N