〈栗で足腰を強く!〉

 

ご覧の皆様こんにちは。
今週の簡単レシピのご紹介です。


「子どもが外で遊ぶ」と言う当たり前なことは、やはり必要で、骨密度は思春期の運動量で決まるそうです。
大人になった今は、しっかり補充する事が大切ですね。
今回の栗ご飯は薄味で、きのこの佃煮とも合わせていただける様にしました。

【栗の成分】
☆ マンガン
 → 骨の形成や関節等の結合組織の合成に
   必要
   老化防止・精神安定・糖尿病予防
   骨健康
☆ 銅
 → ヘモグロビンを作るのに必要
   酵素の材料になる
   コラーゲンの生成を助ける
☆ 炭水化物
 → 効率良くエネルギー補給に良い
☆ 亜鉛
 → 子どもが欠乏すると成長障害の可能性
☆ ビタミンC
 → でんぷんに包まれている為、加熱しても
   壊れない
☆ 渋皮にポリフェノール
 → 活性酸素取り除く・抗酸化作用

※ 発毛・育毛効果、高血圧予防、むくみ予防
 ホルモンの正常化

【材料】
〈栗ご飯〉
生栗 10個位
米 1合
塩 適量

〈きのこの佃煮〉
しめじ 100g
●料理酒 大1
●みりん 大2
●濃口醤油 大1.5弱
●砂糖 小1強
●水 大3

【作り方】
〈栗ご飯〉
米を洗っておく。
栗を水に浸けておき、皮が剥きやすくなったら、底を切って鬼皮を剥く。
面取りをする様に渋皮をむく。
炊飯器で栗と塩を加えて普通に炊く。

〈きのこの佃煮〉
しめじを食べやすい大きさに切る。
しめじと●を小鍋に入れて、中火~弱火で煮る。
火加減によって味に変化があるので、お好みの時に火を止める。

【作り方のポイント】
栗は大粒5~6個でご飯一杯分位のカロリーになるので、ご飯を少な目にいただきました。

株式会社メディカルフロンティア
管理栄養士U